横歩取り(対△2三歩)

https://noike.info/yourls/zcyekfrlgx
早い段階で優位に立てた割には時間がかかり過ぎてしまった反省局。
ただし催促されて切って逆転負けも怖いところである。

大内延介九段逝去

またしても昭和の将棋界を彩った棋士が旅立たれた。
「怒涛流」の棋風で知られている大内延介九段が今月6月23日に亡くなっていた。75歳。
大内九段は(故)土井市太郎名誉名人門下。弟子には角換わり腰掛け銀の定跡に新たな変化をもたらした功績がある富岡英作八段・現在は引退しているもののコンピューターでの分野に携わっている飯田弘之七段・王座一期戴冠経験ある塚田スペシャルの発案者塚田泰明九段・師匠である大内九段の棋風を色濃く受け継いだ振り飛車党鈴木大介九段・新人王戴冠経験のある早見え早指しのオールラウンダー田村康介七段。を弟子に。女流棋士の弟子には女流棋界発展に尽力している藤森奈津子女流四段。がいる。
1976年の第1期棋王戦の棋王戴冠者。当時振り飛車では珍しかった穴熊に目をつけた振り飛車穴熊の第一人者。流行していた玉頭位取りに対抗するために生まれた戦法。と言っても過言ではない。当時は堅陣で戦う。という発想がなかったため、多くの棋士からは苦言の声が上がっていた。中原誠名人と名人位を争った戦いにおいても振り飛車穴熊を採用。また裏の顔は矢倉中飛車を用いてる。
振り飛車側での端攻めや振り飛車穴熊を勉強。他にも四間飛車以外での振り飛車の棋譜並べ。と筆者も大内延介名局集には大変お世話になった。
大内先生お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

藤井聡太四段 連勝29。に塗り替え単独一位に。

6/26(月)に行われた第30期竜王戦本戦トーナメントで5組優勝の増田康宏四段。と対局。
増田(康)四段とは非公式戦ではあるものの、インターネットテレビAbemaTV企画の七番勝負第1局以来の顔合わせとなる。
増田康宏四段は10歳の時に森下卓九段門下で奨励会入会。森下九段は増田(康)四段に羽生善治三冠の棋譜を1000局並べて書き起こし。を課題とした。しかし、これで将棋を嫌いになってはいけない。の親心で増田(康)四段に嫌なら辞めさせるように。と口添えしたも心配はいらなかった。命じた三年後本当に1000局並べて書き起こす作業を成しえた。他にも森下九段が修業時代に行った大山対中原の実戦集を先手後手棋譜並べ。その後頭の中で棋譜並べ。さらにその棋譜を書き起こす。などとそれもをやってのけた努力家の一面を覗かせた。「先手矢倉は終わった」という驚きの発言もしている。
増田(康)四段にとっては借りを返す絶好の機会だが果たして・・・・。
盤上は藤井(聡)四段先手。角換わりの出だしか?と誰もが思った矢先、後手増田(康)四段は宣言通り角換わりではなく力戦形で進める方針に。
得意の角換わりを透かされた藤井(聡)四段はこれに怒ったのか?と思わせるように▲3五歩。と仕掛ける。先手の棒銀を巡る攻防~角交換~後手飛車先交換~中座飛車で牽制。と難所を迎える。
さらにねじりあいは続き、角金交換から増田(康)四段は藤井(聡)四段の飛車を狙う。今後は飛車角交換で互いの手持ちにしている飛車角がいかに働くか?が焦点となった。と思われたがノータイムの▲2二歩。が鋭い切り返し。中座飛車を狙う▲7七桂。とコンビ―ネーションで後手陣に迫る勢い。6五の桂と連動した▲7五角。から二度目の▲2二歩。二連続のハードなコンビ―ネーションを繰り出させれてはひとたまりもないだろう。棒銀で出動した銀を切り込み金の両取りで先手は催促。
駒割りは五分であっても陣形のまとまり具合と2筋のと金ができる余地がある先手が優勢に。
ただし増田(康)四段も手筋の歩を使って巧みに粘る。その粘りもあってか△8七飛成。からの勝負できる手順を実現させる。
必至はかけられたが、竜を潜り込ませてから△2八飛。の二枚飛車で襲い掛かる迫力の最終盤へ持ち込む。まだ形勢はわからないだろう。と見られた局面で1五の角が4八に移動合いする。という珍しい使い方でその場をしのぐ藤井(聡)四段。
移動合いが決め手となり最後は飛車角交換で得た▲3八飛!と(故)升田幸三実力制四世名人を彷彿とさせる自陣飛車で藤井(聡)四段が91手で勝利。
増田康宏四段はAbemaTVでの雪辱を返すことはできなかった。
これで藤井聡太四段は1986年に神谷広志八段が当時五段の時に打ち立てた公式戦連勝記録28。を上回る29。に塗り替える偉業を達成。
竜王戦本戦トーナメント次回の対局相手はこちらも天才。と呼ばれた石田和雄九段の秘蔵っ子佐々木勇気五段が相手となる。
藤井聡太四段が三段リーグ在籍時に岡崎将棋まつりの席上対局で戦った相手にどのような展開を見せてくれるのだろうか?


先手中飛車(対後手超速)

https://noike.info/yourls/5zc2i0qa1k
いきなりの戦いかと思いきやじっくりした戦いになった一局。
最後は桂を取り返せたのが幸運で角を換えられてまた据えられたら?と考えた課題局。

横歩取り△3三角(対▲3三同飛成。の乱戦)

https://noike.info/yourls/16pgabckjy
力戦形なだけに構想が難しい。と痛感した課題局。
たまに見かける形なだけにどう対処しようか?迷うものである。
プロフィール

ak2424

Author:ak2424
日常と将棋メインで書いてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR