第11回朝日杯将棋オープン選手権一次予選抜けに王手か?

自身初。となる初戦から二カ月。一次予選突破に待ち構えるは森信雄七段門下の大石直嗣六段。
大石直嗣六段は竜王戦3組・順位戦B級2組在籍。第60回NHK杯選手権では当時羽生善治NHK杯選手権者をダイレクト向かい飛車を用いて勝ち上がるや否やベスト4入り。という快挙を果たす。勝ち星規定100勝を挙げて五段昇段から竜王戦連続昇級によって六段となったため、五段を名乗っていた時期が一ヶ月未満。という珍しいケースを経験している。
居飛車振り飛車まんべんなく指せるものの居飛車を基調としている。攻め将棋だが、終盤の随所で垣間見える粘りも発揮している。
盤上は大石六段先手。相掛かりの持久戦に。今にも空中分解しそうな陣形の大石六段に対して藤井(聡)四段は第30期竜王戦6組ランキング戦決勝の時に用いた銀冠へ組み替える。
中央の位を気に入らない。と見た藤井(聡)四段が反発して開戦。さらに7筋6筋を突き捨てて4二へ角を転換。大石六段は位の後ろから銀を引いて引き締め4六へ角を回る応戦。
しばらく進んで大石六段の棒銀が捌けて飛車角交換。二枚角を駆使して大石陣へ踏み込み藤井(聡)四段優勢の終盤戦へ流れる。
▲1五香△同香▲6五桂。の手順。金頭に放つ▲5五桂。角の態度を尋ねる一段金▲4九金。と藤井(聡)四段に決め手を与えない大石六段。
先手が入玉できそうか?と思われたなか△7一香。の王手に▲6二歩。と格言の地を行く指し手が敗着。代えて中空の▲6四歩。ならまだ形勢のわからない戦いが続いていた。そうであったとしても度肝を抜く▲6四角。を放つも上から押しつぶす物量を軸に166手目△5六銀。という詰将棋みたいな捨て駒で午後の対局相手竹内雄悟四段。と三度目の対局に臨む。
午前に続いて後手番を引いた藤井(聡)四段。初手7八飛戦法から角交換振り飛車穴熊対左美濃の構図に。
飛車交換から敵陣に飛車を打ち込む。交換した桂を5五に据える藤井(聡)四段に▲7七角。と切り返す。これには△4四角。と「角には角で対抗」の格言に習った指し手で対応。
香得の実利が大きい藤井(聡)四段優勢。苦しいと見た竹内四段はタダ捨ての桂。さらには竜での攻めと穴熊の堅陣を生かした角のタダ捨てで勝負する。勝負手を放った甲斐あってしばらく進み長期戦のねじりあいへなだれ込むことができた。
それでも竜と馬に睨まれてはたまらない。と▲5九歩。と耐える。さらに▲5八桂。と堅い穴熊陣に防波堤を投入する辛抱を見せる竹内四段。
玉頭戦。となった終盤戦。△6五馬。は当然。にしても次の△1六同竜。が目を疑う一着。大胆不敵な竜。を取れない。と判断して▲2八金打。に対しても△1八竜。と刺し違える強手を放つ。この手順が災いして局面は再びねじりあいへ戻る。
それでも冷静に指し進める藤井(聡)四段。攻め合い準備のために据えた2六の香がよく働く展開になって再び藤井(聡)四段に形勢が傾く。
さらには玉頭戦におけるねじりあいから2筋の駒柱が出来上がるほどの熱戦を146手目△1六歩。をもって制した藤井(聡)四段が一時予選抜け。へあと1勝。と迫るところまでやってきた。

第20回杉並区将棋まつり 原田泰夫書置き駒争奪大会


東京メトロ丸の内線東高円寺の1番出口から徒歩5分。
2017082009500000.jpg
高円寺陸橋下を渡って向かうと会場のセシオン杉並に着く。
指導対局として来られた桜井昇八段・中田宏樹八段・鈴木環那女流二段。の三名が見える。と豪華な顔ぶれだが・・・。

肝心の大会。というと結果は5戦行って1勝4敗。と散々な結果に。
意気揚々から一転意気消沈したのは言うまでもなかった。

続きを読む

対雁木(左美濃対抗)

https://noike.info/yourls/y2zo0ci6ed
序盤での作戦負けが祟って苦戦した反省・課題局。
どうにもこうにも作戦失敗は序盤に甘えがあったのかもしれない。

対石田流三間飛車(4手目△1四歩。対抗)

https://noike.info/yourls/t6eojnaluw
無理攻めをとがめるまでは良かったが、手順前後が目立ってしまったがゆえに混戦になってしまった反省局。

四間飛車穴熊(対銀冠)

https://noike.info/yourls/hfqagur8w4
途中作戦負け覚悟で辛抱したのが功を奏した一局。
実際のところは観戦された方と相手方との感想戦において作戦負けは変わらなかった。
プロフィール

ak2424

Author:ak2424
日常と将棋メインで書いてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR