向かい飛車(対トーチカ)

https://noike.info/yourls/8x4da6ul2n
本譜は終盤に備えての寄せが甘かった反省局。
最後の最後相手方のミスをとがめて勝ちに持って行けたが内容は決していいものではない。

三間飛車(対原始棒銀~二枚銀組み替え策)

https://noike.info/yourls/y97o28si1r
あれよあれよ。で中盤から負けになった反省局。
相手玉の薄さを突けた。まではいいにしても課題が山積みである。

相振り飛車(三間飛車対中飛車)

https://noike.info/yourls/pe6oj4x7sw
本譜は角金交換が成立するのか?が課題となった一局。
よくあることにしても攻めの組み立て方に違和感を覚えたのは間違いない。

即詰みを逃さない

終盤戦で最も難しい。と言われているのが自玉と敵玉との兼ね合い。一手間違えると勝勢から途端に景色が変わってしまうだけに何が起こるかわからない。特に一手争い。となればさらに難しくなる。

居飛車穴熊対四間飛車の最終盤。▲7二角成△同金。と応じた局面。ここで後手玉に即詰みがある。どのような手で詰ましに行けばいいのだろうか?



正解:▲7二同飛成。

一見広そうに見える後手玉も飛車切りで詰ましにかかることができる。飛車も切って詰まなさそうに見えるが△同玉。に▲6三金△8二玉▲7三銀△8三玉▲7二銀不成△8二玉▲8三金。と並べて即詰みとなる。
実戦は▲7七銀。と払った手が仇となって後手から△8九竜。以下先手玉が詰まされた。


早石田対居飛車の最終盤。▲4六角。の王手に△3五歩。と移動合した局面。ここで後手玉を即詰みに討ち取る手は?



正解:▲3五同角。

狭いところへ追いやる▲3五同角。が正解。以下△同玉。から▲4六角△4五玉▲5五金△3四玉▲3五銀△2五玉▲2六香。と並べていけば詰みあがる。
実戦は▲3五同角。ではなく▲3六桂。以下△3四玉▲4六角△5八と▲1四竜△2四金▲2五銀△同桂▲3三金△4五玉▲2四竜。に△4八銀。以下詰まされてしまい負け。となってる。
詰ましに行く過程で必要なのは挟み撃ちですが、相手との持ち駒・自分の持ち駒・相手陣にある駒・自陣にある駒。これらが一つ変わるだけで大きく変わってしまう。だからこそしっかりと読みを入れて指すことが大切。と言えます。

邪魔な駒はどれ?

終盤~最終盤にかけて玉を捕まえに行く基本中の基本が挟み撃ちによる攻め。
挟み撃ちはできたものの、読みにない手を指されて迫り方を間違えてしまったがために逆転負けしてしまった。という経験は誰しも一度は経験されると思われます。筆者も経験した一人でした。筆者の実戦図を交えながら説明したいと思います。


相掛かりの最終盤。▲2二銀。の王手に△3二玉。とかわした手だが、実戦はこの後▲3一銀打。と縛った。何故ダメなのか?




正解:▲3一銀打。の局面では先手玉が△2八金。以下の詰み筋に入っているから。

実戦では以下▲4八玉△3八成香▲同金△5九銀▲4九玉△3八金▲同玉△2七金。までの即詰みに討ち取られてしまった。


△3二玉。とかわした手に対して▲3一銀打。では先手玉が詰めろをかけられていることがわかった。
後手に詰めろをかけさせないために先手はどのように迫ればいいのだろうか?




正解:▲4二竜。

この手が△同玉。の一手に▲5一角。以下の詰み筋へ持って行くための正着。となります。
▲5一角△3二玉▲3三銀打△同桂▲同銀成△2一玉▲2二金。まで。と無事に邪魔だったはずの2二の銀を活かして詰ましにいくことができる。という仕組みです。

それを踏まえた上で△3二玉。の局面をもう一度見ていただくと銀が邪魔してます。取れば▲4二竜。以下の易しい詰み。実際先手はそれを狙っていました。ところが、銀を取らずにかわされたからさぁ大変!読みが外れてしまい最もやってはいけない手▲3一銀打。と打ってしまった理由。と考えられます。

▲4二竜。の局面を一見すると寄せの主役であるはずの竜を切り飛ばす!なんて乱暴だなぁ。と思われるでしょう。しかし、いざ寄せに行くとき。となると思わぬ駒が邪魔をしていることがあります。「邪魔駒」と呼ばれてます。
邪魔駒」は局面によって違ってくる厄介な代物です。詰ましにいくために打ったはずの駒が思わぬところで支障をきたしたり手が読みにくい。と悪いことばかりです。さらに見極めも難しいことから間違いやすい確率はさらに高くなります。これが一手争い。となるとより重要になってきます。終盤~最終盤では手番を得ることがより重要視されます。滅多に現れないにしても邪魔駒消去するためにはどうすればいいか?を念頭に置くことが見極めるコツです。

プロフィール

Author:ak2424
日常と将棋メインで書いてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR