藤井聡太四段 連勝29。に塗り替え単独一位に。

6/26(月)に行われた第30期竜王戦本戦トーナメントで5組優勝の増田康宏四段。と対局。
増田(康)四段とは非公式戦ではあるものの、インターネットテレビAbemaTV企画の七番勝負第1局以来の顔合わせとなる。
増田康宏四段は10歳の時に森下卓九段門下で奨励会入会。森下九段は増田(康)四段に羽生善治三冠の棋譜を1000局並べて書き起こし。を課題とした。しかし、これで将棋を嫌いになってはいけない。の親心で増田(康)四段に嫌なら辞めさせるように。と口添えしたも心配はいらなかった。命じた三年後本当に1000局並べて書き起こす作業を成しえた。他にも森下九段が修業時代に行った大山対中原の実戦集を先手後手棋譜並べ。その後頭の中で棋譜並べ。さらにその棋譜を書き起こす。などとそれもをやってのけた努力家の一面を覗かせた。「先手矢倉は終わった」という驚きの発言もしている。
増田(康)四段にとっては借りを返す絶好の機会だが果たして・・・・。
盤上は藤井(聡)四段先手。角換わりの出だしか?と誰もが思った矢先、後手増田(康)四段は宣言通り角換わりではなく力戦形で進める方針に。
得意の角換わりを透かされた藤井(聡)四段はこれに怒ったのか?と思わせるように▲3五歩。と仕掛ける。先手の棒銀を巡る攻防~角交換~後手飛車先交換~中座飛車で牽制。と難所を迎える。
さらにねじりあいは続き、角金交換から増田(康)四段は藤井(聡)四段の飛車を狙う。今後は飛車角交換で互いの手持ちにしている飛車角がいかに働くか?が焦点となった。と思われたがノータイムの▲2二歩。が鋭い切り返し。中座飛車を狙う▲7七桂。とコンビ―ネーションで後手陣に迫る勢い。6五の桂と連動した▲7五角。から二度目の▲2二歩。二連続のハードなコンビ―ネーションを繰り出させれてはひとたまりもないだろう。棒銀で出動した銀を切り込み金の両取りで先手は催促。
駒割りは五分であっても陣形のまとまり具合と2筋のと金ができる余地がある先手が優勢に。
ただし増田(康)四段も手筋の歩を使って巧みに粘る。その粘りもあってか△8七飛成。からの勝負できる手順を実現させる。
必至はかけられたが、竜を潜り込ませてから△2八飛。の二枚飛車で襲い掛かる迫力の最終盤へ持ち込む。まだ形勢はわからないだろう。と見られた局面で1五の角が4八に移動合いする。という珍しい使い方でその場をしのぐ藤井(聡)四段。
移動合いが決め手となり最後は飛車角交換で得た▲3八飛!と(故)升田幸三実力制四世名人を彷彿とさせる自陣飛車で藤井(聡)四段が91手で勝利。
増田康宏四段はAbemaTVでの雪辱を返すことはできなかった。
これで藤井聡太四段は1986年に神谷広志八段が当時五段の時に打ち立てた公式戦連勝記録28。を上回る29。に塗り替える偉業を達成。
竜王戦本戦トーナメント次回の対局相手はこちらも天才。と呼ばれた石田和雄九段の秘蔵っ子佐々木勇気五段が相手となる。
藤井聡太四段が三段リーグ在籍時に岡崎将棋まつりの席上対局で戦った相手にどのような展開を見せてくれるのだろうか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

2017年の雁木

増田先生は、最近雁木が得意だとコメントをしていたので、
もしかしたら見られるかもと思ってました。

そして序盤、藤井先生の飛車を封じた所までは、
増田先生の方がよかったと思います。

私なら66手目、素直に△8九飛から香車を持って、
6~7筋で刺して、隙あらば8筋の飛成を狙ってみたいです。

2017年の雁木

増田(康)先生は雁木を用いている理由の一つとして右桂の使い道が多い。ということを挙げていました。
確かに今現在の先手番矢倉は右桂の使えない展開が多く困るものです。ですが、雁木は右桂も自然と使えることが多く、さらには左美濃急戦における速効にも対応しやすいのではないか?という私目の勝手な見解です。
藤井(聡)対増田(康)戦の本譜ですが、66手目△8九飛。は遅い。と増田(康)先生は見たのでしょう。△8九飛▲5八玉△9九飛成▲6一金。からの一手一手の寄せが厳しそうです。
アマチュア目線で見ると後手玉に寄りがなさそうに見えて寄せを決めてしまうのはさすが最年少プロ。と言えるのだと思いました。

2017年の雁木

なるほど、△8九飛には▲5八玉ですか、
金を一枚使わせる事ができると思ってましたが、
そこを温存されると確かに厳しいですね。

私は雁木が好きなので、これからも増田先生には、
雁木をさらに進化させてくれる事を期待しています。

2017年の雁木

おはようございます。
あくまで個人の見解なので何とも言えませんが、左美濃急戦の最終兵器として雁木が再燃するかもしれません。
もっとも最近の公式戦は作戦の多様化があるため、雁木が活躍してくれることを期待してます。
プロフィール

ak2424

Author:ak2424
日常と将棋メインで書いてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR