第43期棋王戦挑戦者決定トーナメント 対豊島将之八段

挑戦者決定戦トーナメントの枠を懸けた死闘からまたさらなる死闘が待ち構える。
豊島将之八段は桐山清澄九段門下。竜王戦1組・順位戦A級在籍。両者は初手合い。というわけではないが、非公式戦で行われた対局で顔を合わせている。
非公式戦で相まみえた両者の戦いの行方やいかに?
盤上は藤井(聡)四段先手。角換わり腰掛け銀に進んだが、歩頭銀から銀を支える手順の繰り返しが四回あって千日手。
指し直し局は豊島八段先手。千日手局と同じく角換わり腰掛け銀へ進む。▲4五歩からのシンプルな仕掛けで開戦。銀交換で得た銀を先に放り込む豊島八段の主張は離れ金を引かされては不満でしょ?と通してから桂に紐をつける落ち着きぶり。
お返し。と言わんばかりに放り込む藤井(聡)四段もまた強気な対応を見せる。5八に銀を成らずで滑り込ませて離れ金に照準をつけるも、▲2六角。の自陣角が好手。そこから▲6八銀~▲2八飛。と角打ちを空ぶらせる。
銀損が苦しい。と見てる藤井(聡)四段も必死に食らいつくも87手目▲7七桂。を見て投了。
先輩棋士としての貫禄を十分に出せた内容で快勝した豊島八段は森内俊之九段と対戦する。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ak2424

Author:ak2424
日常と将棋メインで書いてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR